輸入食品の魅力

   

輸入食品は魅力に溢れています。それは誰しもが感じていることではないでしょうか。そこにはエキゾチックな香りが漂っています。また、ワクワクとした言い知れぬ高揚感もあります。袋あるいは瓶などを開ける前から何かしらの期待感に胸を膨らませます。
それだけ輸入食品には魅力があるのです。ではその期待感は一体どこから来るのでしょうか。なぜ生まれてくるのでしょうか。それはもしかするとまだ見ぬ世界への憧れかもしれません。いまだ経験したことのないものを味わう嬉しさ、あるいはその味への想像が期待を生み出すのでしょう。
私たちは自分が住んでいる狭い社会しか知りません。それは日本人であってもアメリカ人であってもそうでしょう。そんな狭い社会に生きる私たちに、広い世界への想像の扉を開いてくれるのが、輸入食品なのです。

食べ物は文化です

当然と言えば当然のことですが、生きる世界が違えば食べ物も違ってきます。熱帯の暑い地域に住む人たちと、極北の寒い地域に住む人たちとでは、おのずと食するものが違います。海のない地域の人々は魚を食べませんし、農耕民族はあまり肉を食べません。食べるものによって調理法は変わり、調理法は人々に知恵を与え、それが文化に繋がっていくのです。
私たち日本人は温暖な気候に恵まれ、海もあり川もあり、そして森林もあります。そのおかげで海辺では魚を食する文化が発達し、陸地では農業によって、食物を育てて食してきました。そのため、海の幸、山の幸に恵まれ、その調理法も発達してきたのです。しかし、一方で酪農などはそれほど著しい発達はしませんでした。それは日本の国土が高温多湿のために放牧などの酪農にはあまり向いていなかったからです。今でこそ日本でもチーズなどの乳製品が作られていますが、一昔前までは輸入に頼るしかなかったのです。
このように食べ物はその地域によってさまざまな発展を遂げ、それ自体がその民族を象徴するものとなっています。

輸入食品はすなわち文化を食べること

食べ物はその地域の気候風土が育てて、その民族の知恵が生み出したものです。それ故に文化そのものであり、輸入食品を食べるということは、その文化を味わうことに他ならないのです。私たちが輸入食品を前にして感じる高揚感は、まさしく異国の文化を前にした高揚感であり、異国そのものを知る手段ともなるのです。
食を通じて他国を知り、その国の人々の生活に思いを馳せる、そんな想像をすることができるのが、輸入によって手に入れることができる食品なのです。そこには日本に居ながらにして世界を知ることのできる楽しさがあります。

ガレオンのモリシア津田沼店10:00~21:00の営業時間になっています。 日本にはなかなかない海外の美味しいものをいつでも気軽に楽しめる様にGALLEONでは多くの海外食品を扱っています。 旅先で出会う海外の甘くておいしいお菓子や、シェフが使うような本場の海外の食材など、幅広いものを取り揃えています。 世界の食品買うなら|直輸入食品のお店GALLEON

ピックアップ記事

輸入食品でワインを楽しむ

ワインは今や日本の食卓には欠かせないものとなっています。随分前にはお酒と言えば日本酒か焼酎を指し、ワインなどはちょっとおしゃれで高級なイメージがありました。今では、普段の食卓に常に置かれていても珍しく...

ハラールフードは輸入食品で

ハラールフードは、最近日本でも知られるようになってきていますが、これは一体何でしょうか。ハラールとはアラビア語で神に許されたものを指し、ハラールフードはイスラム法上、食べても良い食材や料理を意味してい...

輸入食品で作るスムージー

スムージーという名は、最近テレビなどで聞くことも多くなってきました。大体のイメージはつかめても、実のところ一体どういうものを指すのか、きちんと説明できる人は少ないかもしれません。スムージーとは凍らせた...

タイカレーも輸入食品で

タイカレーというのは、日本ではカレー料理として通っていますが、実はこれはカレー料理ではありません。厳密に言えば、様々な香辛料が入ったタイ料理の中のスープであるといった方が正しいのです。カレーという名が...