後悔しない結婚指輪の選び方

結婚指輪は11世紀頃より結婚式の儀式として使われるようになりました。
日本では、女性は結婚指輪をつけ続ける人が多いですが、
男性は女性に比べると外してしまう人が多いです。
そのせいか結婚指輪の選択の主導権はほとんどが女性です。
結婚指輪の選び方としては既製品を選ぶ「レディメード」、
決められたデザインを選びその後に素材や石の有無等を選ぶ「セミオーダー」、
世界でひとつだけのリングが作れる「フルオーダー」があります。
レディメードは様々な既製品から好みのものを選んで刻印をいれるので、1ヶ月程度で出来上がります。
セミオーダーは加工に時間がかかるので1~2ヶ月、
さらにフルオーダーならデザインからの全ての作業が必要となり、2~3ヶ月かかります。
結婚式までの期間も考えてどうするかを考えましょう。
また、女性は日常生活でも指輪をつけたままで生活するので、
家事の邪魔にならないようなデザインのものを選ぶ方が良いかもしれません。
子供が産まれて、お風呂に入れたりするときや、
水仕事などをする場合に指輪を外す人も見かけますが、
指輪を外す機会が多くなると、紛失する可能性も高くなります。
一生の記念となる結婚指輪、後悔しないよう選びましょう。