来賓に好評だった私たちの披露宴

一生に一度の花嫁姿を披露する憧れだった披露宴をするのに、私たちが選んだテーマは『もてなす披露宴』でした。
一般の結婚式場での披露宴はある程度決まっている中から選んで披露宴を作るのですが、私たちの披露宴はすべてオリジナル。
まずは、結婚式や披露宴をプロデュースしてくれるお店へ足を運びました。
そこで会場の飾り、引出物、料理、曲、衣装、ケーキ、招待状など、すべて細かく節約しながら決めていきました。
一般の披露宴では、新郎新婦入場からですが、私たちは舞台で主人が私へプロポーズするところから入りました。
これを見た人は、一般の結婚式と違うと感じたそうです。
さらに、キャンドルサービスをしない代わりにケーキカットしたケーキを自分達で来賓ひとりひとりへ配ってまわり、雑談しながらテーブルごとに記念撮影しました。
費用がかかる、飾りの花は風船に、お色直しは同じドレスで髪型とアクセサリーを変えるものにしました。
無駄となる費用はすべて節約。
でも、これらすべてが好評で、『こんな披露宴はじめて』とか、『披露宴はもてなす形式が正しいよね』と、とても好評で一生思い出に残る披露宴になりました。