開店祝いを贈るなら

自分でお店を持つことは多くの人にとって憧れだと思います。
私もかつては父の経営するお店を手伝っていたことがあり、開店を2回経験しています。
開店のときは、知り合いの方から、お花などいろいろなお祝いをいただきました。
私も、もし知人がお店を出したら、素敵な開店祝いを贈りたいと思っています。
開店祝いは、開店の知らせを聞いたら、まずはおめでとうの気持ちを伝え、お店に足を運ぶことが何よりのお祝いだと思います。
気になるお祝いの品ですが、送っていけないものには、灰皿は赤い花、ストーブなど火を連想させるものはいけないと聞いていますので、そういったものは持っていかないよう気をつけたいものです。
私の場合では、開店祝いでいただいた品物はお祝い花や、鏡、招き猫などでした。
以前はこういったお祝いが一般的だったようですが、最近ではまた少しずつ変化しているので、相手の希望を聞いて必要なものをプレゼントしてあげるのも良いのではと思います。